本番へ臨む際には

実際の入学試験では、普段の実力を出し切れば、問題無く合格することができるレベルであるにもかかわらず、本番のプレッシャーに負けて、不合格になってしまうというケースが見受けられます。そのように、精神的な負担から本番の試験に失敗するというリスクを減らすためには、気持ちにゆとりを持ってテストに臨むことができるよう、それなりの対策を講じることが必要とされます。

例えば、併願日程を組む上で、余程のことが無い限り、合格することのできる「安全校」を早いうちに受験して、合格しておくことは大切なファクターとなります。そうした対策を講じることで、普段の実力を出し切れば合格可能な「実力相応校」、第一志望である「チャレンジ校」の入学試験に、ゆったりとした気持ちで臨むことができます。また、本番の試験前夜には、夜更かしをせず充分に睡眠を取ったり、受験票や筆記用具などの持参品をチェックしたりしておくことが大切です。

そのように、本番の試験でプレッシャーに負けず、高いパフォーマンスを発揮するためには、東大の合格実績を持つ講師から、その経験を活かした指導をじっくりと教えてもらうことのできる個別指導塾へ通うのが大変良いでしょう。