面接に対する準備

実施される入学試験の内、ペーパーテストでは、主として学力に於いて、合格ラインに達する実力が備わっているかどうかが問われます。その一方で、筆記試験以外に面接も行なわれる学校を受験する場合、生徒本人や、その保護者の立ち居振る舞いや受け答えのしかた、礼儀作法、身だしなみなどがチェックされることとなります。

そういう風に、筆記試験と面接試験では、問われる内容や合否判定基準に違いがあるので、それら二種類の方式で採用選考が行なわれる学校を受験する場合、それぞれの試験に別々の対策を講じる必要性が生じてきます。その内、面接試験の対策には、関連する書籍やインターネット上のウェブサイトに掲載されているマニュアルを参考にするという方法があります。その種の情報をチェックすれば、面接試験で頻出する問題や、それらに対する模範的な解答をあらかじめ記憶した上で、気持ちにゆとりを持って本番に臨むことが可能となります。

ただし、マニュアル化された情報ばかりを鵜呑みにしていては、自身のオリジナリティをアピールすることができませんので、注意する必要があります。そのように、面接への対策を講じるには、東大の在学生・卒業生が講師を務める個別指導塾を利用すると良いでしょう。