面接試験の模擬練習

合格者を選抜するために、筆記試験に加えて面接試験を実施し、その結果を重要視する中学校が見受けられます。その種の学校を志望校として、受験準備を進める上では、ペーパーテストだけではなく、面接試験の対策も行なう必要性が生じてきます。

筆記試験では、主として学力が測定される一方で、面接試験では立ち居振る舞いや受け答えをする時の姿勢、言葉づかい、礼儀作法、服装などのチェックに重点が置かれます。それらの条件に於いては、日々の生活の中で、マナーやエチケットをわきまえているという人でも、本番の面接試験ともなると、緊張して普段の実力を出し切ることができないというリスクが存在するので、気をつける必要があります。

そのように、面接で失敗するのを防ぐためには、前もって本番のシミュレーションを行なっておくことをおすすめします。例えば、自宅の一室を試験会場に、先生を面接官に見立てた上で、生徒やその保護者が、実際に面接を受けているような環境をつくり出すことが可能です。「習うより慣れろ」ということわざがあるように、あれこれと知識を憶え込むよりも、本番の面接試験に近い環境で練習する方が、実践的なスキルを身につけるのに適しています。