長い休み中の勉強

春や夏、冬の長期休暇は、日ごろの生活で溜まったストレスや疲労を軽減するべく、リラックスした時間を過ごしたり、趣味に興じたりするために利用することが可能になります。ただ、これから中学の受験を控えている生徒にとっては、いくら休みだからと言っても、のんびりした気持ちで、遊んでばかりいる訳にはゆかないというのが実情です。そういった事情を考えずに、休み中に羽を伸ばし過ぎると、新学期が始まってから、ライバルたちよりも大きく勉強が遅れていることに気づき、後悔するという破目にもなり兼ねませんので、注意する必要があります。

そうした問題を引き起こさないために、長い休み中であっても、計画に沿ってきちんとした受験準備を進めておくことをおすすめします。そのように、長期間に亘る休暇を利用すれば、前学期の総まとめや、苦手分野の集中的な補強、新学期の先取り学習などを効率的に行なうことが可能となります。

それらの受験準備を、独力で進めるのが困難な場合には、塾で開かれる特別講習に参加するという方法があります。そういった場面で、東大の合格実績を持つ講師のいる個別指導塾は講師のスキル、指導スタイルなどの面で利用価値が高いサービスと言えます。