休憩の上手な取り方

定められたプログラムにしたがい、冷徹に作業を行なう機械とは異なり、生身の人間である受験生には、心身のストレスや疲労が蓄積することにより、勉強の効率が悪くなるというリスクが存在します。そのように、調子の悪い状態となっているにもかかわらず、無理に勉強をし続けると、さらに学習効果が下がるばかりか、精神や身体に変調を来たすということにもなり兼ねませんので、気をつける必要があります。

それらのリスクを軽減するためには、ある程度のストレスや疲労を感じた時点で休憩を入れ、心身を休めたり、精神的なリフレッシュを行なったりすることが大事です。例えば、仮眠や間食、室内の空気の入れ換え、音楽鑑賞、読書、ウォーキングなどの軽い運動をするという選択肢があります。そういう風に、勉強に区切りをつけて、休憩を取る時には、どっぷりと眠り込んだり、本格的な食事をしたり、趣味にのめり込んだりしてしまわないよう、気を配ることが大切です。

そのように、上手に休憩を入れながら受験勉強へ取り組むために、東大生が講師を務める個別指導塾に通うのは良い方法と言えます。東大に合格した講師は、休憩の取り方についても、それだけ高いノウハウを有しています。