数学の効率的勉強法

数学では、基礎からの積み重ねが大切だとか、ひらめきが物を言うなどとまことしやかな顔をして、言っている人が見受けられます。確かに、計算問題などの基礎的な問題を解くためには、反復練習をすることが大事になります。また、それらの学問を探求して、その道のスペシャリストとなり、新しい公式や定理を発見する上では、直感や発想力といった持って生まれた才能が大切な役割を果たします。ただ、数学の中でも文章題の、それも受験に特化した対策を講じる際には、それらの「定説」は、まったく通用しません。

その種の問題を解く能力を手っ取り早く身につけるには、基本問題をすっ飛ばして、いきなり応用問題から手をつけることをおすすめします。ただ、基礎ができていない状態で応用問題にチャレンジする訳ですから、自分の頭で考えても、解くことができないのは当たり前です。そのように無駄な努力をするのはやめて、問題を読んだらすぐに解答・解説をみて、「このタイプの問題は、こうして解く」という解法のパターンを丸暗記するのです。

そういう風に、数学の受験勉強を効率良く進めるためには、東大の合格実績を有する講師が在籍する個別指導塾の利用をおすすめします。