国語の長文読解問題

国語、数学、英語など、試験科目が異なれば、必然的に受験準備の行ない方にも違いが生じてくることとなります。また、それぞれの科目の中で、出題される問題のジャンル、形式によっても、講じる対策の方法を変更することが大切です。

例えば、国語では長文読解や文法、漢字の読み書きといった問題が出題範囲となっています。それらの内、長文読解問題では、筆者の心情など、抽象的な事柄や細かなニュアンスが問われます。そうした情報を読み取り、正しく解答するための能力を、暗記によって短期間のうちに習得することは難しくなります。その種のスキルを高めるためには、本をよく読むなど、日常的な生活シーンの中で、地道な努力をすることが大切です。

とは言うものの、国語の長文問題は、配点が高いジャンルなので、苦手だからと言って軽視することはできないというのが実情です。そういった問題を解決するために、記述式問題では正解がわからなくても、選択式問題の空欄だけは無くしたり、出題される試験問題の癖から、解答を導き出すテクニックを身につけたりすることをおすすめします。

それらの対策を講じるためには、東大の入試に合格した実績を持つ講師のいる個別指導塾の利用がおすすめです。