テストの有効活用

通い先の教育機関で実施される定期テストや入試出題傾向に準じてつくられた模擬試験、本番の入学試験など、受験生には、複数の種類の試験を受ける機械があります。それらの中で、入試本番は、それまでの努力が実るかどうかが試される、最も重要な局面と言えます。ただ、模擬試験や定期試験など、本番の入試以外のテストに対して、どのような事前準備やアフターフォローをするかも、受験の準備を進める上では大切な問題となります。

それらの試験の内、通い先の学校で行なわれる定期試験は、受験する学校の合否判定基準や定期テストの実施される時期によっては、内申書の内容に影響を及ぼします。そして、模擬試験では、その名の通り、自分の志望する学校の入学試験に模した問題が出題されます。そういった事情から、模試の結果を研究することによって、志望校の入試に合格することのできる可能性を予想し、後の受験勉強に役立てることが可能となります。

また、模擬試験を数多く受けることにより、出題傾向や会場の雰囲気に慣れてくるという効果も期待されます。そのように、試験前後のサポートを受けるのに、東大生が講師をしている個別指導塾は利用価値の高い教育サービスです。