他のサービスとの比較

偏差値や科目ごとの学力のばらつき具合、性格、先生との相性、志望する学校などといった条件には、それぞれの受験生による違いがあります。そのように、さまざまな条件に於いて異なる複数の生徒を対象とする場合、競争心や助け合いの気持ちによる学力のアップが期待される一方で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合った指導を行なうことが難しいという問題が発生して来ます。

そうした集団指導の問題点を解決するためには、個別指導という環境の下で受験準備を進めることをおすすめします。その種の指導スタイルが採用されている教育サービスに、個別指導塾や家庭教師、通信添削があります。

それらの中で、個別指導塾では、屋外に設置された特定の場所に生徒を集めて、一人ひとりの生徒を対象としたマンツーマン指導が行なわれます。したがって、一緒に授業を受ける訳ではないものの、周りにはライバルや仲間となる生徒が存在するというアドバンテージがあります。また、個別指導によって、生徒の個人的な特性に合わせた指導が行ないやすいという利点が存在します。そして、家庭教師や通信添削のように、自宅で学習する形態のサービスと比較して、私生活との区切りがつけやすくなります。