効率的な時間の使い方

定められた仕様書にしたがって稼働する機械とは異なり、受験勉強のプランは、生徒自らが作成し、実行へ移すのが基本になります。また、原則として、単位時間当たりの作業効率を一定に保つことができる機械とは違って、生身の人間である受験生には、心身のストレスや疲労を感じることにより、勉強の効率が悪くなるというリスクが存在します。

それらの事情を考慮に入れると、入試本番までの限られた時間を有効活用して、効率良く受験準備を進めるためには、勉強のクオリティを高めることが大切になると言えます。例えば、志望校の過去問を研究して、出題傾向に応じた対策を講じたり、適度なタイミングで休憩を入れて、精神や身体を休めたり、気分転換をしたりするという方法があります。

そのように、受験勉強の質を向上させ、効率を良くするには、東大生講師の在籍する個別指導塾の利用をおすすめします。東大生講師は、東京大学の入学試験に合格できるだけの、効率的な時間の使い方を把握し、担当する生徒に指導することが可能となります。また、マンツーマン指導という環境であれば、一人ひとりの生徒によって違いがある、試験までに残された時間などにも、フレキシブルに対応できます。