本番の筆記試験と内申

世間では、「試験は水物」などとよく言われるように、本番の入学試験では、運の良さによって合格・不合格が分かれるというケースも見受けられます。そのように、試験当日の不確定な要素によって、実力よりも高いレベルの学校に合格することができれば、それに越したことはありません。

ただ、その一方で、本番での運が悪かったがために、実力からすれば合格圏内であるにもかかわらず、不合格になってしまうということがあり得るので、注意する必要があります。そういったリスクを減らすためには、内申点の重要視される学校を志望校にするという選択肢が存在します。その種の学校では、本番の筆記試験だけではなく、通い先の学校における普段の成績や、学習態度などが考慮され、合否判定が行なわれます。そのように、内申の配点が高い学校は、高い実力がありながらも本番に弱いタイプの受験生に適しています。

ただ、その一方で学校の勉強を二の次にして、志望校の受験準備に特化した対策をマイペースで進め、本番の試験におけるパフォーマンスに全てを賭けているような子どもには、不利な条件となります。そういう風に、本番の試験や内申への対策を講じるには、東大生講師のいる個別指導塾の利用が適しています。