個性を活かしたプラン

ひと言で受験と言っても、生徒の学力や志望する学校には、さまざまな違いがあります。そういった意味合いからすれば、受験準備を進める上では、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合わせて、学習プランをオーダーメイドするのが理想と言うことができます。そのような方法を実践することにより、受験生やその保護者は、エネルギーや時間、コストを無駄に費やすリスクを軽減し、効率的に準備を進めることが可能となります。

そうした理想を実現するために、東大生が指導を行なう個別指導塾は利用価値の高い教育サービスと言えます。東京大学の入試に備えて受験勉強を行ない、見事に合格を果たした講師は、それだけ高いスキルを有し、さまざまなレベルの生徒を指導するのに適しています。また、個別指導という環境下に於いては、指導対象となるのが一人だけで、他の生徒と足並みをそろえる必要がありません。

そういった事情から、一人ひとりの生徒に先生の目がよく届き、生徒個人のオリジナリティを活かした学習プランを作成し、実践しやすいのはマンツーマン指導の利点と言えます。例えば、生徒の苦手分野を克服するために長い時間を割いたり、そのジャンルに特化した教材を使用したりするのに適しています。