塾講師と親との連携

これから、中学の受験を控えている生徒にとって、勉強や、本番の試験を受けることは、誰に代わってもらうこともできない、自分自身で乗り切らなくてはいけない問題です。とは言え、子どもが精いっぱい受験勉強をして、入学試験の当日にその実力を遺憾なく発揮するためには、周りの人たちによるサポートが大切な役割を果たすのも事実と言えます。

例えば、学校の教師や塾講師、家庭教師、通信添削スタッフは、学習指導や進路相談などを行なってくれます。また、保護者はそれらの指導、相談に加えて、教育費を負担したり、生活面でのサポートを行なったりしてくれる存在です。例えば、塾や試験会場への送り迎え、授業料や入学金、教材購入費用などの負担、起床の手伝い、弁当・夜食づくりなどをする保護者は多く見受けられます。

そのように、受験勉強をする上で、大切な役割を果たす先生と、保護者との情報交換やコミュニケーションを密にすることが大事です。そうした目的を果たすには、個別指導塾の利用をおすすめします。マンツーマン指導という環境の中では、講師の担当する生徒がひとりだけであるために、生徒や保護者との連携が行ないやすいというアドバンテージがあります。