子どもの人間的成長

言うまでもありませんが、これから中学を受験しようと考えている生徒にとって、志望校の合格ラインに達する学力を身につけることは当面の課題です。そのように、受験生に勉強が大切なのはもちろんですが、子どもは勉強をするための機械ではなく、一人の人間であるということを忘れてはいけません。

そういった事情を考慮に入れると、いくら受験を控えているからと言っても、学校の教師や塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、保護者などといった周りの人たちは、子どもに対して勉強だけを押し付けるような対応をするのは好ましくありません。そうした方法を実践すると、気分転換や精神的なリフレッシュが上手くゆかず、ストレスが溜まり、かえって受験勉強の効率が悪くなったり、勉強ばかりしているためにバランスの取れた人間的な成長を遂げることができなかったりするなどといったリスクが高まるので、気をつける必要があります。

それらのリスクを軽減するためには、東大の在学生、卒業生が講師を務める個別指導塾の利用をおすすめします。東大の入試に合格した実績を持つ講師であれば、人生の先輩として、目標とするのにも適しているでしょう。また、個別指導は、勉強以外の悩み相談もしやすい環境です。