出題傾向に応じた対策

兵法の格言に、「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」というものがあります。中学受験という戦いの勝者となるためにも、自分の志望する学校で、過去に実施された入学試験を研究して、その傾向と対策を把握し、自分の適性やニーズ、希望条件に応じて準備を進めることが大切です。

そのように、中学の受験準備を進める上では、志望校ごとに異なる入試問題の出題傾向を把握して、それぞれに見合った対策を見つけ出し、実行へ移すことが大事になります。志望校で実施された過去の入試問題を研究することによって、そういった目的を果たすことができます。そうした学校ごとの過去の入試問題や解答、解説が掲載された問題集や参考書は、書店などで数多く販売されているので、チェックしてみることをおすすめします。

そういう風に、過去問を研究して傾向をつかむことで、志望校で頻出するジャンルに重点を置いた受験勉強をすることが可能となります。そのようにして、志望校の傾向に応じた対策を講じれば、出題される確率の低い分野の勉強に多くのエネルギーや時間、コストを費やして、受験準備の効率が下がるのを防ぐことができます。そうした受験準備には、東大生講師のいる個別指導塾の利用がおすすめです。