独学と教育機関の利用

この先、中学の受験を控えて、その準備をする上では、志望校の入学試験が実施される日程をチェックした上で、その時まで継続することのできるスケジュールを作成し、実際の行動へ移すことが大切です。そのような事柄を軽視して、先々のことを考えずに実行することの難しい計画を作ると、心身に重い負担がかかり、スケジュールの変更を余儀なくされたり、精神や身体に変調をきたしたりするという事態を招くリスクが高まるので、気をつける必要があります。

そのように、計画的な受験準備を進めるためには、それなりの学習環境を整えることが大切になってきます。例えば、独学で中学受験の準備を進める場合には、マイペースで勉強することができるのはもちろん、塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用するために生じる負担をする必要がないというメリットがあります。

ただし、自分一人だけの環境では、勉強の進み具合をチェックしたり、適切な学習プランを提示したりしてくれる先生がいないほか、誰にも見られていないからという理由で誘惑に負け、勉強の習慣をつくることが難しいという問題が存在します。そういう問題を解決するには、先述のような教育サービスの利用がおすすめです。