個別指導と集団指導

塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用することによって、中学受験の準備を効率良く進めることができます。そういった場面では、自分の性格に合った学習環境の整っているサービスを選ぶことが大切です。
それらのサービスの中で、個別指導塾や家庭教師、通信添削では、一人だけの生徒が指導対象となっています。

そのように、マンツーマンの環境の中では、一人ひとりの子どもに対して、先生の目がよく届くので、生徒の個人的な適性やニーズ、希望条件に合った指導を行ないやすいというメリットを得ることができます。そして、生徒の立場からすれば、先生と一対一の学習環境に於いては、他の生徒の視線や聞き耳を気にすることなく、自分の抱えている悩みや不安、疑問を打ち明けやすいというアドバンテージがあります。

ただし、個別指導の場合、一緒に授業を受けて、テストの点数などを競い合ったり、わからない問題の解き方を教え合ったりすることのできる生徒が存在しないという問題があります。そうした問題を解決するには、集団指導塾を利用することができます。複数の生徒を指導対象とする環境の中では、ライバル意識や相互扶助の精神による学習効果のアップが期待されます。